INTERIOR LIFE > 特集 > 魅惑のキッチン&照明2大特集

INTERIOR SHOP FILE vol.15

魅惑のキッチン&照明2大特集


kitchen & lighting fixture

プロも憧れるデザイン、最旬のアイテムも登場

魅惑のキッチン&照明2大特集

生活に根差した設備としてだけではなくインテリアの一部として考えられるようになってきた「キッチン」と、
誰もが空間づくりに欠かすことのできない「照明」。今一番気になるデザイン、スタイルのあるプロダクトの特集。日常を特別にしてくれるはず。

issue 01 トレンドがわかる、最高にセンスのいい場所へ

楽しいキッチンを探して

ラグジュアリーからシンプルミニマムまで、
ライフスタイルに合わせて選択肢が広がるキッチンの世界。
機能はもちろんインテリアとして考える「キッチン」に注目。

kitchen

1

EO 01
1.EO 01

エリザ・オッシノがデザインした「EO 01」は、畳や障子という日本の伝統的な 生活様式からインスピレーションを受けたデザイン。狭小空間だけでなく、 共同作業スペースや書斎などさまざまなシチュエーションに対応。 コンパクトながらも2口のIHクッキングヒーター、シンク、作業台、まな板、 木箱、棚、マグネットレール、収納を完備しており高い機能性をもつ。 Archiproducts Design Awards2018受賞。

お問い合わせ
サンワカンパニー Tel:0120-468-838
kitchen

2

INO PLUG-IN
2.INO PLUG-IN

調理の核となる「クッキングエレメント」(シンク+加熱機器)と、 ライフスタイルの変化にフィットするマルチなスペース「サービングエレメント」 (調理台や食卓等)に機能分解。家族構成や間取りの変化など、 暮らしとともに必要なエレメントをつなぎ合わせていく (=プラグインする)ことで、フレキシブルなライフスタイルを提供。 シンクの進化がもたらした、今まで思いもよらなかったキッチンの発想が集約されている。

お問い合わせ
TOYO KITCHEN STYLE Tel:03-6438-1040
kitchen

3

BOFFI_CODE
3.BOFFI_CODE

最上級のオートクチュールキッチン。世界最高峰といわれるBoffiの技術力を結集し、 完全特注のキッチンを実現したもの。細部にこだわり特別な素材、デザインが施された 世界で唯一のキッチン空間は、圧倒的な存在感を放っている。日本ではすでにオーダー受付を開始している。 グレーに白い模様がはいった大理石をつかったキッチン。デザインはピエロ・リッソーニ。

お問い合わせ
Boffi Tokyo | è interiors Tel:03-6447-1451
kitchen

4

SOYO
4.SOYO

IMPLEMENTSオリジナルキッチンの「SOYO」。テーブルのような佇まいのオープンタイプのキッチン。 壁面(奥行650)とアイランド(奥行900)の2種類を展示。ワイドも1500mmから多くの バリエーションを設けている。天板はコーリアン。木天板やステンレスの仕様も選ぶことができる。 対面はカウンターチェアを合わせるため、足元がオフセットしている。デザインは小林幹也。

お問い合わせ
IMPLEMENTS kakinokizaka Tel:03-6421-3925
kitchen

5

椿
5.椿

AREAの新作キッチンは、素材がもつ魅力を最大限に表現しながら、高い機能性を追求。 使い手のさまざまな生活スタイルに合わせて自由に展開できるレイアウトプラン、 ミリ単位のサイズオーダーや、あらゆる素材の選定を可能にした、住空間の中心となる、 家具インテリアと一体化したキッチンスタイルを提案。カウンター材と一体になった多機能シンクなど、 見た目の美しさと機能を両立したオリジナルデザインが実現する。

お問い合わせ
AREA Tokyo Tel:03-3479-5553
kitchen

6

PRIME
6.PRIME

ダーダR&Dデザインの「PRIME」。扉や棚板を薄く繊細に見せながら立体的な陰影を生み、 素材感を浮き立たせている。家具ブランドモルテーニ傘下ならではの機能美と演出力で、 壁面収納にはものをしまうだけでなく、美しく飾るための工夫がこらされている。 両ブランドのクリエイティブディレクター ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンの監修により、 キッチン単体ではなく、家具・インテリア空間全体と一体となるキッチンを実現できる。

お問い合わせ
DADA TOKYO Tel:03-3400-3327
issue 02 こんな光に包まれたい、今欲しいコレクション

理想の明かり、照明に夢中

進化しつづけるマスターピース、
デザインも素材もさまざまに、
新たなインスピレーションがつくり出す
個性派照明。
インテリアの主役にふさわしい
「照明」をピックアップ。

lighting
fixture

1

FIN PENDANT
1.FIN PENDANT

イギリス伝統のボーンチャイナでつくられた乳白色のシェードは、 透過性が高いためスリットから溢れる光と滑らかな局面からの柔らかい光で空間を照らし出す。 ガラスのような滑らかな表面を追求するためすべての行程は職人によって手作業で行われている。 オリジナル ビーティーシーは、1940年代の英国のデザインや現代のトレンドをミックスさせ、 素材のよさを最大限に活かした製品を生産している。

お問い合わせ
ロイヤルファニチャーコレクション Tel:03‑3593‑3801
lighting
fixture

2

DOME
2.DOME

ジグソーパズルのようにさまざまなサイズの木片を組み合わせることで形成される「DOME」は、 自らの光によって複雑な構造を物静かに浮かび上がらせるとともに、テーブルや床面に計算された 印象的な影を映し出す。照明器具であり、光の「彫刻」とも言える作品。 バルセロナのボーヴァー社から発表され、日本では2019年販売開始。デザイン、ベネデッタ・タグリアブエ。

お問い合わせ
LUMINABELLA Tokyo Tel:03-5793-5931
lighting
fixture

3

PH5
3.PH5

発売から60年を経た今日も「PH5」はルイスポールセンの中のベストセラーとして君臨。 ポール・ヘニングセンがデザインしたこのペンダントの還暦を祝い、銅シェードとホワイトシェードを 組み合わせた「PH5」と「PH5 ミニ」が2018年登場。複数で使用してもコンパクトな美しさを保つ。

お問い合わせ
ルイスポールセン Tel:03-3586-5341
lighting
fixture

4

NEVERENDING GLORY
4.NEVERENDING GLORY

世界的な劇場にあるクラッシックなシャンデリアのフォルムを、繊細なクリスタルでダイナミックに 表現した照明「NEVERENDING GLORY」。デザインはジャン・プレチャック&ヘンリー・ウィールガス。 チェコのクリスタルメーカー・ラスヴィットによるもので、熟練した職人たちと現代のデザイナーとが協業で、 ラグジュアリー空間をメインに、クリスタルを使用したさまざまなプロジェクトを手掛けている。

お問い合わせ
yamagiwa tokyo Tel:03-6741-5800
lighting
fixture

5

TIM PENDANT MEDIUM
5.TIM PENDANT MEDIUM

チェコ共和国のボマは、インテリア、ファッション、テーブルウェアのハイエンドブランドへクリスタルガラス製品や 照明を製作してきた技術と経験をベースに、2015年ブランドフィロソフィー「step beyond」を 掲げてスタートした照明ブランド。伝統的手吹き製法で仕上げられる流麗なラインを描いたクリスタルガラスが特徴。 その美しさは、「確かな技術の、その先へ」と導いてくれる。

お問い合わせ
Studio NOI Tel:03-5843-0260
lighting
fixture

6

TOIO LIMITTED EDITION 2108
6.TOIO LIMITTED EDITION 2108

2018年発表、アキッレ・カスティリオーニ生誕100周年を記念した「TOIO」のリミテッドエディション。 1962年にデザインされた「TOIO」は、自動車のヘッドランプを灯具に転用した、 工業的なデザインのフロアスタンド。コードは釣り竿のように真ん中部分で巻き取ることができる ユニークな発想から誕生した名作。このリミテッドエディションは、シリアルナンバー付で マットブラックエンボスパウダーが施されている。

お問い合わせ
日本フロス Tel:03-3582-1468
特集一覧ページへ

PAGE TOP